09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.07.25 *Mon*

夏休み~★

夏休みも、4日が過ぎました~
「え?まだ4日しか経ってない?↑」って感じです★

ちょうど、ばぁちゃんが遊びに来てるから、ちょっとは助かるとは言え、
子どもたち上チームと下チームのスケジュールがひっ絡みあって、
なーんか出ずっぱりな私です
上チームは、お稽古、学校プール、お友達と遊ぶ、宿題の準備、etc~
下チームは、おうちプール、家で遊ぶ、上の子たちと一緒に外に出せー!、etc~

去年も、小太郎とは、宿題の進捗状況で親子バトルしたので、
今年は、大物宿題(工作、自由研究 他)も、7月当初からやっちゃおう↑と取り組み、
工作のひとつは、叩き台が出来ました♪(キャー!ヒュー!←自画自賛♪)
去年の工作は、恐竜に丸投げしてたんだけど、今年は見てくれる時間がないようで~

工作ひとつ取っても、小町と小太郎の性格の差がありありと出てて、
小町は、本を見たりして「これ作りたーい♪」から派生し、自分でアレンジし始め、
さっさとやりたいことを見つけてくれるんだけど、
小太郎は、「これと、これと、これで、貯金箱を作る」と宣言し、
自分の中で、頭に設計図はあるようだけど、
「えー、これとこれをくっつけるのって、どうやるつもり?」と問うと
「糊でくっつける」
「えー、糊じゃーくっつかんやろぉ~、まぁ、やってみるたい」
と、お試しでくっつけて、時間経過~ なんて時間が掛かるわけです↓
(↑でも、ある意味、これがホントの『工作の宿題』かもしれませんが)
小太郎の言うように工作すると、お金は入れたは、お金出すところがないは、ってことはザラにあり~

今年も、夏休み初めから、小太郎と2人、頭を寄せ合って、小太郎の想い描く形にするのに、
あーじゃない、こーじゃない、ってやってて、今日は恐竜が居たので、
恐竜も加えて、あーだこーだやってたら、
三人寄れば文殊の知恵とはよく言ったもの、
「なーるほど~ こうやってくっつければ、いいやん♪」ってことがチラホラ出てきて、
珍しく、小太郎が、工作の出来上がりスピードを、小町を抜きそうで↑

元々、小町は図工好き、小太郎大嫌い↓なんだけど、これで楽しさを分かってくれるといいな♪
(っと言いつつ、私自身が、図画工作、全教科のなかで、一番嫌いだったんだけど


さー そろそろ寝ないと~明日もラジオ体操頑張りますか♪
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.20 *Wed*

K保育園おはなしかい

今日は、K保育園のおはなしかいへ。

いつもは、年少さんに行くのだけど、今日は縦割りクラスになっていたので、
どんなだろう?と思っていました。

蓋を開けてみると、その年齢の3学年差は大きい、と思っていたけど、
プログラムを年少さんに合わせていたからか、さほど違和感は感じませんでした★

・ろうそくのうた
どうすればいいのかな? (くまくんの絵本)どうすればいいのかな? (くまくんの絵本)
(1980/06/01)
わたなべ しげお

商品詳細を見る

・わらべうた「ごまだんご」
・わらべうた「ちゃつぼ」
なつはぐんぐん―きせつのえほん (おひさまのほん)なつはぐんぐん―きせつのえほん (おひさまのほん)
(2005/06)
五味 太郎

商品詳細を見る

・手遊び「いわしのひらき」
・ビッグ絵本
大型絵本 ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)大型絵本 ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)
(2003/10/07)
長 新太

商品詳細を見る


でした~

ビッグ絵本、先生は喜んでくださったのだけど、
私個人としては、30名以下は、小さい絵本の方が、子どもたちが散漫にならない
気がしました。(いつかの講習会でも、言われたような~)
また、プログラムを立てるときに、しっかり考えたいと思います★

「ごまだんご」は、年少さんには、5になる足し算(1と4とで、ごまだんご)が
難しいだろう、と、シンプルに、ごまだんごだけを丸める予定でしたが、
縦割り、ということで、正規の?足し算バージョンも、やってみました。
5までの足し算、出来る子もいっぱい居て、小さい子も、小さい手を、
一生懸命、1と4とにして、ごまだんごをいっぱい作ってくれました♪

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.19 *Tue*

H小朝読書

今日は、H小学校の2年生。

浅見先生の講評をいただいた後から、語り・・・・に向かう気持ちが、
あっちにぶれ、こっちにぶれ、ってしてたのだけど、
やっぱり小菊を連れてるので、絵本は読めない、語りしかない↑
と、メゲずに、今日も出してきました。

今日は、緊急の職員会議があってるのか、
どのクラスも、子どもたちが大騒ぎ★
夏休み前だし、そうだよな~

他のクラスも、先生抜きで始めたようなので、
私もクラスに入りました。

最初「ちゃつぼ」で落ち着くかな~と思いながら、
ゆっくり2回して、少し落ち着いたので、
のはらうた Vより「どすこい!」を読み、
「ついでにペロリ」やりました。

詩の途中で先生が帰ってこられたので、ちゃんと子どもたちも落ち着きを取り戻して
くれたのが、幸いでした。
今回は、「表情、表情・・・」と思ってやりました。

すると・・・不思議なことに、最初、詩で下向いていた子たちも、
みんな顔をあげて、お話を聞いてくれて、
そのうち、飲み込まれるごとに、指折り数えてくれる子が出始め~
最後、ストン!と、畳み掛けるように、終われたのではないかな?っと思います。
そして、最後に、のはらうた Vより「なんとかなる」を読んで、終えました~

表情、大事なんだな、と、今日実感出来ました♪
的確なアドバイスに、感謝です
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.19 *Tue*

TA2級

週末は、TA2級へ行って来ました。

今回は、講師のかたが、両日共に男性で、
なんとなく、女性の方が、すごく分かりやすかったのは、私の主観かな?

ちょうど、凹むことがあったので↓
今回は、いろんなキーワードを拾うことが出来ました。

「ストローク経済の法則」というところがあって、
人は、肯定的ストロークを得ると、とても満足するのですが、
否定的ストロークでも、ストローク飢餓状態よりマシ、
何かしら、人との交流を求めている~というところで。

「あなたは相手からの肯定的なストロークを求め損なったことはありませんか?」
という項目に、ハっとしました。

ちょうど、私が凹んでたところと、ビンゴだったからです。

書いてみれば、大したことないのだけど、
今まで、仲間だと思って、気心しれてる、と思ってた人たちから、
距離がある?声が掛からない?と気づいたのが先週で、それで、ぺっこり凹み、
「声を掛けられない理由が、私にもあるのだろう↓」と、
そこは、「自分が源泉」と振り返り、色々葛藤してたのだけど、
「あなたは『仲間に入れてよ』とか、『この洋服似あってる?』などと言えずに、
相手に肯定的なストロークを求め損なったことがありませんか。」という文、
あー、そのままだま、と思いました。
声かけてもらってないのに「仲間に入れて」と言えない私。
でも、「ストロークを求め損なった相手にも、要らざる戸惑いを与えてしまっています。
肯定的なストロークが欲しいときに、あなたは自由に求めることが出来ます。
相手のストロークがなくなってしまうことはないので、遠慮はいりません(求め上手になろう)」
とありました。なるほど、そうなのか。

という、気づきがありました。
確かに、言えないな~ それなら、ひとりのほうが、マシ、と考えがちだったけど、
それが「要らざる戸惑いを与えている」って、ことなのかな~

今日も、ぺっこり凹みそうなことがあったけど、
これがまた「捨てる神あれば、拾う神あり」で、
ちゃんと、見ててくれる人も、私に肯定的ストロークをくれる人も、
別に、ちゃんと居るんだな~ と、めちゃ救われた気持ちの今です。

行きつけの小児科に「来るものに安らぎを、去るものに幸せを」
って言葉があるんだけど、正しく、それやな~
「人は、変わる。前のあの人は、今のこの人とは、また別人」
って思えば、執着もなくなるよね~
(↑頭では分かってるけど、お腹では、なかなか

こうやって、書くことで、決意表明↑
「今 ここ」で、ひとつひとつ、やっていきますか★
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.19 *Tue*

浅見先生おはなし会

7月14日に、泉で、東京子ども図書館の浅見和子さんをお招きして、
ストーリーテリングの講評をいただき、
15日に、おはなし会~というスケジュールでした。

更新うっ止まってたのは、色々あって、凹んでいたからでして~

閑話休題。

14日に、私は「ついでにペロリ」を語りました。
おかげ様で、程なく終えたと思っていたのですが~
(ある意味、プロに、そのお家芸を披露したような感じなので、
そういう緊張はありましたが★)

「笑い話を、語り手が笑っちゃ、ダメよね~」と、一括でした↓

笑ったつもりは、なかったのだけど、
今回、泉のメンバーの8割くらいが、笑い話で、
私だけではなかったにせよ、
「おはなしを作り上げている『空気』を逃がしちゃう」ということでした。

確かに。

私は、自分が楽しいと思ったら、それが表情に出てたかもしれない。
人によっては、おはなしの山場が終わると、その安堵感が、表情に出てたかもしれない。

今まで、泉では、指摘されたことのない、もっと高い次元に、
頭をカツーン!と打たれたような衝撃でした↓

けど、東京に出向かずとも、ご教授いただける、この幸せを、
ありがたく肥やしにしよう、と、今は思えてます↑
(思えるまで、この日数、掛かったわけで★)

次の日の、おはなしかい~ は、2時間の予定でしたが、
あっと言う間に終わりました~

演目は、

日本昔話百選日本昔話百選
(2003/06)
稲田 浩二、稲田 和子 他

商品詳細を見る

より、「猿の生き肝」

おはなしのろうそく より、「うらしまたろう」

子どもに語る アジアの昔話〈2〉子どもに語る アジアの昔話〈2〉
(1997/02)
松岡 享子

商品詳細を見る

より、「ジャッカルとワニ」

世界むかし話〈東欧〉9
より、「皇帝の玉座でうたをうたったオンドリ」

子どもに語るイギリスの昔話子どもに語るイギリスの昔話
(2010/10)
松岡 享子

商品詳細を見る

より、「三人ばか」

魔法のオレンジの木―ハイチの民話
より、「ふくろう」

と、盛りだくさんでした♪

しかし、私は、昨日の講評で言われたことが頭から離れず、
ずっと、語り口や、観客の反応、などに終始気をとられ、
おはなし自体を楽しむことが出来ませんでした↓

けど、私も語りたいと思ってた「三人ばか」ですが、リストには、
難しい、語り手を選ぶ、と書いてあって、しりごみしてたのだけど、
「こんな風に語るといいのかー!」と、素晴らしいお手本を見せていただいた気分でした。

最後、お帰りになるときに、私にも声をかけてくださって、
「頑張ります」と言ったら「これからよ」と言って貰いました。。。

ほんと、これから。今 ここ から。
また、頑張るなり↑
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.10 *Sun*

三池がきんちょ探検隊

今日は、地元公民館の、「三池がきんちょ探検隊」。
地元の川の清掃をし、カレーを呼ばれ、また、川の中の生き物自然観察をするーという催しです。

いつも読ボラで、公民館へはよく行ってて、それがあるのは知ってましたが、
「9時~15時!?ちっと、キツそうー」と、
最初は全然眼中になかったです。

けれども、練習後に、隣のM男子MINIの監督から、女の子たちにも
チラシをいただき、子供たち。

「がきんちょって、なーん?」

いろんな子達が聞いてきました。
その言葉、今は、死語なのねー

で、カレーというのに、小太郎が飛びつき(黄レンジャーなもんで
小町に聞いたら「小町も行く!」
と、申し込みましたが、小太郎の友達も誘うと、小町もお友達が恋しくなったようで。

それで、小町に任せて、仲良しのお友達を誘ってたようです。
「Sちゃん、来てくれるって!」と嬉しそうで、
あぁ、4年生、やっとこ親抜きで約束出来るようになったかぁ~
と思っていたのですが。

当日蓋を開けてみれば、お友達はエントリーされておらず↓
小町の落胆の顔を見て「どうする?やめてもいいたい~」と言ってみたら
「・・・行く。・・・」というので、任せました。

家に帰って、小町のさびしげな顔が、私の中に、どどーんと突き刺さり、
またタオルを持たせるのを忘れ↓
居ても立ってもいられなくなったので、下チームを車に押し込み、様子を見に走りました

川べりに路駐し、館長を見つけて、聞くと、いたいた!
橋げたの日陰のところに、子供たちがわやわやと川に足を突っ込んで、
無心に川底をあさってました。
小町も、めちゃ楽しそうで、見に行ってよかったです♪
小太郎にも一言声をかけようと、何度も呼ぶのですが、
無視なのか、夢中なのか☆ 長ズボンをまくりもせずに、一心不乱に草を集めておりました。

そして、帰宅して。

やっぱり、めちゃ楽しかったそうです。
生き物も、カニ?とタニシ?を取って来てました(どうやって飼うんだ~??)
小町「ゴミと草を集めて、ダムを作った!!」
小太郎「Sくんが、ぎゃん上手にしよらした!」
小町「小町の長靴が流されて、あー!って思ったら、ダムに引っかかって、Sくんが取ってくれらした!」
とー 自然の川の流れで、遊ぶって、流れるプールとは、違うんだろうな~って興奮度合い。
私も、上流の方に住んでたから、上級生になったら、川で遊んでたな~
男子は、泳いでたなー(今思うと、怖すぎるけど胸くらい水深あったし)
小町「マムシが居った!」
小太郎「おじさんが、3つに切らした。それでも、動きよった!」
小太郎「草刈機で、切れば良かったとにー」と小太郎が言うんで、
私「おーい!マムシは2mくらい、飛ぶとばい!草刈機とかで向かったって、
飛んできて噛まれるばいっ 危ないなぁ~」と言うと、小太郎マジ顔でした
小町「いっぱい、ヘビの抜け殻があったー!」
私「それ!どうした?」と聞いたら
小町「ゴミに捨てた~」
私「えぇ~!? ヘビの抜け殻を、サイフに入れとくと、お金持ちになるって言うとよ」と言ったら、
2人とも「なんで、先に教えてくれんやったと!」と大マジ。
私「だって、ヘビの抜け殻に遭遇すると思わんやった~」というと、
小町「そういえば、あの女の子、持って帰りよらした!」
小太郎「次は、絶対、持って帰る!」
って、また行くつもりかい??

母は、過酷な活動やったろう、あー・・・と気に病んではみたものの、
子供たちって、こんなもんだなーと、思った今日でした☆

一緒に行ってくれたK兄弟さん、ありがとー
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.09 *Sat*

中体連☆

今日は、MINIのお当番~
午前中、3時間半の練習だけど、
まー思うことは多々あるけど、無事、練習を終えました。

午後からは、小町の矯正歯科に行かなければならなかったのだけど~

午前中に、地元のT中が、決勝に進んだとのことで↑

行きたぁ~~~~い!!
↑大人気ない☆

ちょうど、先週も、T中の試合を見に行っていて。
MINI時代で、すんごい上手いおねえちゃんの居たk中とで、
また、T中スタメン5名のうち、4名が、G-MINI出身者ってのもあって、
凄くいい試合だったのですー
(残念ながら、最後の最後で、3点差で★でしたが。。)

決勝も、そのK中と、というし、
恐竜はトラブル出勤で居ないので、お当番にもしっかり下3人を連れてましたが、
今度も、小町と「見たいーみたい~お願い~♪」と下チームにお願いして、
再び、歯科に間に合う時間までね!と言いながら、行きました~

同じ相手との試合を、2週連続で見れるって、すごい勉強になります↑
そのお子さんの、調子の良し悪しも、図れます☆

1~2Qまでは、互角に、いい試合をしてました。
3Pも、どちらも双方決め。
前回が、2Qまで、20点差あったのが、最後逆転されたので、
中盤まで互角、というのに、一抹の不安はあるものの、プレイに不安要素は見当たりませんでした。

けれど、2Qの最後で、T中4番が、4ファウルを取られてしまって
明らかに、選手の士気が落ちて見えました。
けど、他の選手も頑張って、シーソーゲームを続けてましたが、
終盤に、5ファウルを取られてしまって↓
でも、みんな、最後の最後まで、ボールに飛びついて頑張っていました。
「いいもの見たな~」と、うるうる。
試合も、数ある中で、自分の中の、いろんなものを払拭するような試合って、
1シーズンに1回あるかないか?
私の場合、小学校1回、中学校1回、高校1回ってくらいです。
一瞬一瞬を、大事にして、歩んでくださーい↑

小町にも、いい刺激になったと思います。
私も、やる気になってきました↑(←私がプレイするわけじゃーないのに
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.07.01 *Fri*

フライパン遍歴★

一昨日から、小太郎が熱出してます↓
夕べまでは、39度台を出してたけど、今朝から37度台に♪
午前中、ずーっと寝てる小太郎横目に、
昨日の幼稚園のプール当番もキャンセル、今日のにじ橋もキャンセル、
「神様が、ゆっくりしなさいと言ってらっしゃる~(無神論ですが)」
と、PCに張り付いてました★

んで、フライパン遍歴。

小菊生まれる前に、オールパン(L)1万2千円を購入。
「これくらいのお値段なら、きっと長持ちするよね?」と多大な期待。
けど・・・1年4ヶ月しか、持たなかった↓
(いえ、私の使い方が悪かったと思います。ご法度な強火も、使っちゃってましたし)

思えば、ずぅ~~っと試行錯誤しながらフライパンをGETしてきたなぁ~

結婚が決まって、準備中に、飲み会に行く前にワゴンセールで見つけた、
ダイエーホークス優勝記念のテフロンフライパン(何年前だ!?)
500円がスタートでした。当時、500円のフライパンなんて、破格も破格で
フライパン抱えて飲み会に参加する私。(今と変わらんか!?)
しかーし!7ヶ月?くらいしか、持ちませんでした。

次は、もちょっといいのがいい?って、ホームセンターの1700円くらいのテフロンのやつ。
これは、2年は持たなかったかな?って感じでした。

そういや、学生の時、鉄のフライパン使ってたっけな~
それ、今でも実家で現役だもんなー!ってのを思い出して、生協で、
2800円くらいの、鉄のフライパンを買いました。これがGOO~!で、
6年くらい使ってました♪

しかーし!

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.28 *Tue*

H小朝読書~&泉

今日は、2年生のクラスに入りました~
小太郎の隣のクラス&小町の2年生の時の先生で、
慣れているので、とてもリラックス出来ました♪
男の子も、女の子も、小菊を見て「かわいい~★」の連呼で。

いざ、始めようとしても、小菊が気になるようで、
「えっとー落ち着くまで、先に詩を読みましょうかね~」と言ったら、
にじ橋メンバー’CHILD Yくんが、
「手遊びー?」と言ったので、わらべうたの「茶つぼ」をしました。

落ち着いたかな?と思ったけど、また楽しげで、キリがないので、
「じゃぁ、始めます~ デンマークの昔話です~」と、
先週同様「ついでにペロリ」を。
今日は、「おどっている女の子を7人、ペロリ、と飲み込んでしまいました」のとこで、
「げー!最強やん!」と感嘆してる男の子がいました。
そのうち、ネコが飲み込むたびに、お腹が膨れるジェスチャーをする子たちが現れ。
「あーおはなし、届いてるかな~」と、めちゃ嬉しくなりました♪

時間がまだあるので、
しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩
(1995/03/10)
不明

商品詳細を見る

から、「ソーダ村の村長さん」の朗読、
のはらうた〈5〉のはらうた〈5〉
(2008/07)
くどう なおこ

商品詳細を見る

から、「でっかいこころ(かまきりりゅうじ)」を朗読しました。
のはらうたの朗読は、席を立って、私の後ろに回りこむ子が多数出てきて、
詩集を覗き込んで、一緒に音読してる子達も居ました。
純粋に、詩を聞きたかったようなお子さんが「座らんといかんばい!」と
声をあげていましたが~
どこまで制していいか、も一歩分からず、でも、和やかには終えました☆

その後、定例の「泉」の勉強会。
私は、「ついでにペロリ」を語りました。
思いがけず、好評で、この話が合ってる↑と、お褒めをいただき、嬉しかったです~
次も、楽しい話を選んじゃおうかな!(←単純)

他の方々は~
「ばば皮」「世界で一番きれいな声」「かっぱの雨乞い」「ヤギとライオン」「ラプンツェル」など、
前回と違った話しを披露される方多数で、みんなすごーい♪
そして、どれもこれも、めちゃ楽しいおはなしでした☆
「ヤギとライオン」は、自分も語ってみたい↑と思えました。
読むより、聞くが、ずぅっと楽しい話の典型だよなー

来月は、東京子ども図書館の浅見先生が来訪されます♪
これをごらんのあなた!是非おはなし会へ、いかがですか?
7月15日 リフレス大牟田 10時~12時、参加費1500円です~
私も、今回は小菊を連れてけないので、お留守番かなーと思ってたら、
予定が変わって、ばあちゃん出てきてくれるので↑行ける様になりました♪
ありがたやーありがたやー 
多数のご参加、お待ちしてまーす☆


Permalink *  CM(1) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.06.27 *Mon*

ソフトバレーボール☆

昨日は、小学校のソフトバレーの大会でした~

今回は、私は小太郎の学年でエントリー♪
仲良しのAちゃんと一緒のチームで、また○~
着くなり、小太郎も放牧、小雪も小町’Sフレンドにくっついて回り、
小雪は恐竜に丸投げして(おい!)応援に精を出しました~

結果、2戦のうち、最後の1セットだけ勝てたけど、
あとはー「親睦だし~♪」を合言葉?に、楽しんできましたー

今は、年に一度のソフトバレーの参加だけど、
これ前後には、「バレーやりたい!」って気持ちが膨らみます。
S社宅時代から、Cちゃんと「子供が留守番出来るようになったら、
夜のバレーに出ようね♪」と言い合ってたんだけど、今だ至らず、
小菊が留守番出来るのは~中学なってからやろか??
うーん、アラフィフくらいになったら可能かも↑
希望を持って、楽しみにしとこー♪

・・・今朝、起きたら、右上脚に鈍痛が☆
そういや、張り切ってボールに飛び込んだはいいけど、
ポケットに鍵入れてたんだったよなー そこの打ち身だろうけど、
それが、昨日は痛くなかったんだよなー?
よく、歳をとると、筋肉痛の出方がどんどん遅くなる~↓って言うけど、
まさか、打ち身まで、そうなのかい!?
ヤバー・・・な、アラフォーでした★
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

FC2カウンター



カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

koma★koma(その2)

Author:koma★koma(その2)
福岡県在住。
恐竜(旦那)・小町(9歳娘)・小太郎(7歳息子)・小雪(3歳娘)・小菊(1歳)の6人暮らし。
読ボラ・パン焼き・内職・たまにアウトドアetcを好きなときに好きなようにやってるkoma★komaの徒然日記です。
「いまここ」を大切に。
Assertiveな毎日を♪



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



My Blog List



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



トラックバック・ピープル:おうちパン



RSSフィード



ブログ検索



Copyright © 「いま ここ」~Assertive Mind All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。